借金 完済

借金は減らすことができる

借りたお金は返したいと思いますよね。
でも、一人で頑張り過ぎるとリスク大。

 

ですから専門家に助けてもらうのが吉
それが過払い金請求や債務整理なのです。

 

 

 

債務整理とは単なる借金逃れ、踏み倒しということとは違います。
はまってしまった借金地獄でまともな日常生活を送れなくなってしまった人への救済策という側面があります。
法律で国民に与えられた正当な権利なのですから、後ろめたい気持ちで、「そんなことはできない」と考える必要はありません。

 

債務整理の具体的な手順としては、専門家である弁護士、司法書士などに依頼して、払い過ぎた利息、つまり過払い金が発生しているか調べ、貸金業者に請求してもらいます。
さらに業者との交渉で利息をカットしてもらったり、元金を減額してもらうなどして、無理なく返済できる金額にしてもらいます。

 

収入に対して、借り入れの金額があまりに大きな場合は、最後の手段として自己破産も考えます。これは、全ての借金を免除してもらうこと。そのかわり、しばらく特定の職業に就けないなどのデメリットがあります。

 

あなたが具体的にどのケースに相当するのか、またどの程度の減額になるのかが、無料のメール相談や無料シュミレーションで知ることができるのをご存知ですか?

こちらから簡単に無料で借金減額のシミュレーションやメール相談ができます。
匿名で24時間いつでも利用できます。

 

>街角法律相談所無料シュミレーター

気がついた時には危険水域

私は多額の借金を重ねてきました。そしてついには毎月の返済がもうできない、という状態になってしまいました。
それまでは、新たにカードを作っては、借りては返済分に充てる、ということを繰り返してきました。

 

今だから言えることですが、こんな状況になってしまったらもうアウトなんですね。
借りて返す、ということが始まったらもう、あとは債務が風船のように膨らんでいく一方ですからもう無理です。

 

私はギャンブル、飲みもそうですが、致命的なのは無計画な投資に走ってしまったということ。
これは、ほとんどギャンブルと変わりませんね。負けても、次々と取り返せる、という感覚で際限なくつぎ込んでいくという感覚。
大事なのはそんなことは余分なお金があってできることだということ。私みたいな安サラリーマンがそんなコトしちゃダメですよね。

 

クレジットカード、カードローン、カードキャッシングなど名称はいろいろですが中身は一緒です。片っ端から作ったカードで借りれるだけ借りてしまいには全ての貸金業者が限度額に達してしまいました。

 

あたかも自分自身の口座からお金を引き出すように貸金業者のカードを使ってしまうというのは、今になって考えると恐ろしいものです。でもその時はギャンブルに熱くなっているような状態で、そんな感覚がまったく麻痺してしまっていたようです。

 

ここからが私にとってのカードローン地獄が始まり、毎日の様な督促の嵐と眠れない夜が続くような数年間を過ごすことになりました。

こちらから簡単に無料で借金減額のシミュレーションやメール相談ができます。
匿名で24時間いつでも利用できます。

 

>街角法律相談所無料シュミレーター